公演・催し物カレンダー

2018年12月

ダンス・レジデンス2018
工藤 聡 ワークショップ「モーション・クオリアによる身体表現」

5b9a0a25c0ae3.jpg

ワークショップ・講座

日程 2018年12月01日~2018年12月01日
会場 穂の国とよはし芸術劇場PLAT 創造活動室A
受付
  • 受付開始日2018年09月13日 ~
  • 受付中
講師 工藤 聡 Satoshi Kudo(振付家、ダンサー)

名古屋市出身。上京後、JAC(ジャパン・アクション・クラブ)に17期生として入団。同時期にダンスを宮崎渥巳氏に師事、テレビ番組やミュージカルなどに出演した。その後ニューヨーク留学を経て、現在はスウェーデン在住。
2001年にはデンマークにおいてオハッド・ナハリン作品に出演、その後ディニッシュ・ダンスシアターで活動した。2003年に自作自演の『サイレント・ボディ』を発表、ポーランド国際振付コンペティションにて第2位とセルゲィ・ディアギレフ特別賞、ストックホルムのゴーイング・ソロ振付コンペティションにて第2位と観客賞を受賞した。2006年からシディ・ラルビ・シェルカウィの作品『Myth』にダンサーとして出演したのをきっかけに、2013年まで同氏と共に活動。シェルカウィ作品の『アポクリフ (首藤康之出演)』『Origine』『スートラ(少林寺武僧出演)』『テヅカ (森山未來出演)』『Puz/zle』『4D』『Milonga』『Genesis』では振付アシスタント及びリハーサルディレクターを担当、またシルク・ドゥ・ソレイユの『マイケル・ジャクソン - ONE』 や、ベルリン国立オペラにてワーグナーの大作「ニュンベルングの指輪」の『ジークフリート』、『神々の黄昏』などでも振付の一部を担当している。 2018年、シディ・ラルビ・シェルカウィの作品『アポクリフ』にダンサーとしての出演。
2015年には王立スウェーデンバレエ団にリハーサルディレクターとして入団、マッツ・エックの『白鳥の湖』を始め、ヨハン・インガーの『春の祭典』、アレクサンダー・エックマン『真夏の夜の夢』、シャロン・エヤール『Half Life』らの作品クリエーションに関わった。現在はフリーで活動し、クラスやワークショップなど、ヨーロッパ各地および日本国内でも行っている。日本人振付家との交流もあり、平山素子、伊藤郁女、大植真太郎、稲尾芳文らともコラボレーションを行なった。振付家としては、2005年から研究しているバランス感覚の解放をテーマにした「モーション・クオリア」をもとに作品を創作し続けている。
最近の活動は、2016年9月に『SCIRE / シールェ』をあいちトリエンナーレにて発表、12月には神戸のKIITOにて彫刻家の塚脇淳と舞踊家の関典子らとのコラボレーション作品『HA-DO / 波動』を発表した。2017年9月にはスウェーデンのヨーテボリにて『SENTIENT / 知覚』を発表、11月にはタイ王国のUnfolding Kafka Festivalにて『Bio-erosion / 生態侵食』を上演した。

ダンス・レジデンス2018
工藤 聡 稽古場公開&成果報告会

5b9a062e26e4b.jpg

ワークショップ・講座

日程 2018年12月02日~2018年12月08日
会場 穂の国とよはし芸術劇場PLAT 創造活動室A

ダンス・レジデンス2018
山田うん ダンスワークショップ
「踊るよろこびと新しい身体に出会う」

5b9b2ea7262cc.jpg

ワークショップ・講座

日程 2018年12月12日~2018年12月12日
会場 穂の国とよはし芸術劇場PLAT アートスペース
受付
  • 受付開始日2018年09月15日 ~
  • 受付中
講師 山田うん(ダンサー、振付家)

器械体操、バレエ、舞踏などを経験し、1996年から振付家として活動を始める。98年からはソロダンサーとしても活躍。ダンス活動と併行して、横浜STスポットにて若手ダンサーのためのダンスプログラムの企画実行や、1999年文化庁派遣国内インターンシップ研修員として国内のダンス状況をリサーチする。2000年横浜ダンスコレクション・ソロ×デュオコンペティションにおいて「若手振付家のための在日フランス大使館賞」を受賞し渡仏。
2002年ダンスカンパニー「Co.山田うん」設立。日本における稀少なコンテンポラリーダンスのカンパニーとして、意欲的に作品を発表し、国内外で注目される。音楽、美術、文学、学術、ファッション、伝統芸能など異分野とのコラボレーションを行うほか、演劇やオペラの劇中振付や新体操選手への振付も 行う。また、アジアや中東の国立芸術大学やダンス教育機関に招かれ、自身のレパートリー作品を振り付けるなど世界の第一線で活躍するプロダンサーの育成にも貢献している。
第8回日本ダンスフォーラム大賞、平成26年度芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。平成28年度文化庁文化交流使。

ダンス・レジデンス2018
Co.山田うん 稽古場公開&成果報告会

5b9cba5d20bd7.jpg

ワークショップ・講座

日程 2018年12月13日~2018年12月15日
会場 穂の国とよはし芸術劇場PLAT 創造活動室A

市民と創造する演劇『リア王(仮)』関連企画
樋口ミユ 演劇ワークショップ 「記憶で創る二日間の演劇創作」

5b813282be445.jpg

ワークショップ・講座

日程 2018年12月14日~2018年12月15日
会場 穂の国とよはし芸術劇場PLAT アートスペース
受付
  • 受付開始日2018年08月25日 ~
  • 受付中
講師 ●樋口ミユ [ひぐち・みゆ]
劇作家・演出家。Plant M主宰。劇団Uglyduckling 旗揚げ以降、解散までの劇団公演32作品の戯曲を執筆する。劇団解散後は、座・高円寺の劇場創造アカデミー演出コースに編入し、佐藤信氏に師事。2012年にplant Mを立ち上げる。大阪、東京とフットワーク軽く飛び回り各地で公演をしている。毎年3月春分の日には、東日本大震災のチャリティリーディングを行っている。 受賞歴1999年3月『深流波~シンリュウハ~』で第7回OMS戯曲賞大賞を受賞。2000年3月『ひとよ一夜に18片』で2年連続、第8回OMS戯曲賞大賞を受賞。2012年6月第38回放送文化基金賞受賞ラジオドラマ部門『飛ばせハイウェイ、飛ばせ人生』2017年2月大阪市文化祭奨励賞 女優の会『あたしの話と、裸足のあたし』の舞台成果。

●岸本昌也 [きしもと・まさや]
滋賀県出身。京都造形芸術大学を卒業後、座・高円寺 劇場想像アカデミーにて演劇を学ぶ。現在は関西と東京を拠点に、グラフィックデザイナー、俳優として活動を行う。これまでに「地点」「カンパニーデラシネラ」「Plant M」などの作品に出演。石見神楽東京社中在籍。
  • ≪ 前の20件
  • 次の20件 ≫

過去の公演イベント

直前のページへ戻るこのページの先頭へ戻る
All contents Copyright: 穂の国とよはし芸術劇場 PLAT, All Rights Reserved.