ぷらっとからのお知らせ

ダンス・レジデンス2019
スペースノットブランク(小野彩加・中澤陽)滞在制作スタート

記事の掲載日:2019年11月26日

2019年度に迎えるアーティストの一組、スペースノットブランク(小野彩加・中澤陽)の滞在制作が11月25日より始まりました。
スペースノットブランク(小野彩加・中澤陽)は、舞台芸術の既成概念に捉われず新しい表現思考や制作手法を取り入れながら舞台芸術の在り方と価値を探究。第8回せんがわ劇場演劇コンクールにてグランプリ受賞、利賀演劇人コンクール2019にて優秀演出家賞二席を受賞するなど、演劇界からも注目を集めている気鋭の若手アーティストです。

スペースノットブランクのホームページにて、滞在日誌『ほほえみ』が掲載中。
滞在制作の様子や、創作している作品について、そしてアーティストならではの着眼点や思考なども垣間見えます。ぜひご覧ください。
https://spacenotblank.com/message/7628

滞在制作期間中、無料でご覧いただける、稽古場公開および作品試演会を開催いたします。
創作過程の様子や作品の一部を間近で観れ、アーティストと交流できる機会です。お気軽にお越しください。

滞在制作日程 2019年11月25日(月)〜12月6日(金)
主な活動場所 穂の国とよはし芸術劇場PLAT 創造活動室B
活動内容 スペースノットブランクが2019年1月より継続して上演している「フィジカル・カタルシス」に関する持続可能性のためのリサーチと創作活動として(2020年8月、こまばアゴラ劇場春夏ラインナップとして上演予定)
公開イベント 2019年12月5日(木)17:00~21:00 稽古場公開
2019年12月6日(金)19:00~20:00 作品試演会
イベント詳細 https://www.toyohashi-at.jp/event/workshop.php?id=360

直前のページへ戻るこのページの先頭へ戻る
All contents Copyright: 穂の国とよはし芸術劇場 PLAT, All Rights Reserved.