ぷらっとからのお知らせ

市民と創造する演劇『リア王(仮)』出演者募集

記事の掲載日:2018年04月23日

2018年度の「市民と創造する演劇」は、自身が主宰を務める演劇プロデュースユニットMoratorium Pants(モラトリアムパンツ)などで演出を務め、自身も俳優として活躍中の橋本昭博さんを演出に、F/T(フェスティバル/トーキョー)のディレクターであり、ドラマトゥルクとして多くの演出家、団体と作品を創作してきた長島確さんをドラマトゥルクとして迎え、シェイクスピア四大悲劇の『リア王』を、公募による出演者の皆さんととともに、演劇・ダンスを組み合わせたPLATオリジナルの作品として上演いたします。
上演に先立ちまして、新しい出演者を募集いたします。演劇経験のある方はもちろんのこと、未経験の方でも大歓迎です。皆さんのご応募をお待ちしております。


〈STAFF)
原作 W.シェイクスピア
構成・上演台本 樋口ミユ
演出 橋本昭博  
ドラマトゥルク 長島 確
振付 白神ももこ
出演・演出補 大浦千佳 洪 雄大
舞台美術・衣装 長峰麻貴  
照明 木藤 歩  
音響 岡田 悠
舞台監督 森山香緒梨
演出助手 松本ゆい


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

≪橋本昭博さんからメッセージ≫
悲劇を喜劇に!したいと思っています。シェイクスピア『リア王』と聞いて、難しそーだなー。堅苦しそーだなー。と思った方。大丈夫です。演出するこの僕が、まず最初にそう思いました。シェイクスピアの四大悲劇の中でも、最も難しく壮大な作品とされる『リア王』を、喜劇に変えられないか?と考えてます。底抜けの明るさを持ち個性溢れる豊橋のみんなとであれば、不可能も可能になると信じてます。悲劇を喜劇に。どん底から笑えるよーな作品にします。全く新しい『リア王』を。こんなに楽しいシェイクスピアは観たことない。ってくらいの作品を創り、観た人が明日を頑張れる。そんな舞台にしたいと思ってます。底抜けに明るい楽しいリア王を一緒に創りましょう!!


[橋本昭博 はしもと・あきひろ]
俳優・演出家・振付・演劇プロデュースユニットMoratorium Pants 主宰。1985 年生まれ。茨城出身の末っ子四男坊。12 才で初舞台。
桐朋学園芸術短期大学演劇専攻を経て、横内謙介、森新太郎、深作健太、ペーターゲスナー、扇田拓也など数々の演出家の舞台に出演。2011 年演劇プロデュースユニットMoratorium Pants を旗揚げ、全作品の演出、振付、出演を担う。詩人の谷川俊太郎の作品を上演し対談も行うなど、演劇の新しい可能性を追求している。13 年シンガポールとの国際共同制作舞台に出演。14 年水戸短編映像祭ベストアクター賞受賞。15 年ユース非核特使として世界一周。表現教育指導者として教育現場でも活動を展開。



≪長島確さんからメッセージ≫
『リア王』はシェイクスピアの書いた四大悲劇の1 本です。娘3 人に王国を生前分与した王様が、行き場をなくしてたらい回しにされる悲劇です。古代ギリシャでは、悲劇とは、立派な人物が運命によって堕ちていくのを見て、みんなで涙するものでした。シェイクスピアの時代には、身分の高い権力者が破滅していくのを見て楽しむ、庶民の娯楽だったらしいです。それから4 世紀経って、いまの日本で、市民が、市民の話としてやるとしたら、どんなふうにできるのでしょう? やっぱり悲劇? まさかの喜劇? 我こそはと思うかた、ぜひオーディションにご参加ください。

[長島 確 ながしま・かく]
日本におけるドラマトゥルクの草分けとして、さまざまな演出家や振付家の作品に参加。近年は劇場の発想やノウハウをまちに持ち出すことに興味をもち、アートプロジェクトにも積極的に関わる。参加した主な劇場作品に「アトミック・サバイバー」(阿部初美演出、TIF2007)、「4.48 サイコシス」(飴屋法水演出、F/T09秋)、「フィガロの結婚」(菅尾友演出、日生オペラ2012)、「効率学のススメ」(新国立劇場、ジョン・マグラー演出)、演劇集団 円「DOUBLE TOMORROW」(ファビアン・プリオヴィル演出)ほか。主な劇場外での作品・プロジェクトに「アトレウス家」シリーズ、「長島確のつくりかた研究所」(共に東京アートポイント計画)、「ザ・ワールド」(大橋可也&ダンサーズ)、「←(やじるし)」(さいたまトリエンナーレ2016)など。東京藝術大学音楽環境創造科特別招聘教授。中野成樹+フランケンズのメンバーでもある。18年度よりF/Tディレクター。

出演者募集 募集種別
A=メインキャスト
※可能な限り稽古に参加出来る方

B=アンサンブル(役名のない登場人物)
※週末・祝日を中心に稽古に参加出来る方

〈オーディション〉
日時=2018年7月7日[土]・8日[日]
※オーディションは10:00~18:00で調整予定。日時はこちらから指定いたします。

会場=穂の国とよはし芸術劇場PLAT 創造活動室A

募集人数=A. メインキャスト、B. アンサンブル合わせて30 名程度(いずれも未経験者OK)

応募資格=高校生以上で出演者ワークショップ・稽古に参加でき、劇場リハーサル期間・本番に全日程参加可能であること。
※稽古期間中は事情に応じてスケジュール調整します。
※アンサンブル希望の方は、基本的に週末・祝日を中心としていますが、本番10 日前頃からは全日程参加でお願いいたします。

参加費=無料
応募期間 応募開始:2018年4月23日[月]
応募締切:2018年6月22日[金]17:00 必着
注意事項 ※オーディション、面接、ワークショップ、稽古、本番に際しての会場までの交通費は各自でご負担いただきます。
※18歳未満の方は参加に際して、保護者の同意が必要です。
※チケットノルマなど公演参加費は徴収しません。なお、出演料・交通費の支給もございません。
応募方法 専用の申込用紙に必要事項を全てご記入の上、下記申込先へ郵送またはプラット1F窓口へ直接お持ちください。
スケジュール <スケジュール>
●出演者ワークショップ ※出演者ワークショップはメイン・アンサンブルともに参加していただきます。
2018年11月23日[金・祝]- 25日[日] ※午後・夜間
●第一次稽古
2019年1月5日[土]- 14日[月・祝]
※平日は夕方・夜間、土日祝は終日
●第二次稽古
2019年2月1日[金]- 2月24日[日]
※平日は夕方・夜間、土日祝は終日
●劇場リハーサル・ゲネプロ
2019年2月25日[月]- 3月1日[金]
●本番 場所:主ホール
3月2日[土]公演①
3月3日[日]公演②
※劇場リハーサル・本番期間中は必ず参加。稽古期間中は事情に応じてスケジュールを調整します。
※3/2-3/3 の本番中は終日を予定。

<公演概要>
日程=2019年3月2日[土]- 3日[日]両日とも14時30分開演(予定)
会場=穂の国とよはし芸術劇場PLAT 主ホール
公演回数=2回
料金=有料(詳細未定)
お問合せ 穂の国とよはし芸術劇場 PLAT
TEL 0532-39-8810
〒440-0887 愛知県豊橋市西小田原町123番地 穂の国とよはし芸術劇場 PLAT
「リア王(仮)」担当宛
ダウンロード

直前のページへ戻るこのページの先頭へ戻る
All contents Copyright: 穂の国とよはし芸術劇場 PLAT, All Rights Reserved.